下着の作成

DAZでキャラクタを作成するメリットはたくさんある。衣装も豊富に販売されてるけど、使えるものは少ない。特に、女性物の下着など、本当にない。で、今後の事を考え、少し作り始めたのだけど・・・
1 2 3
メタセコイアで概形を作成し、プラグインでパイピングを・・・と思うが、プラグイン配布サイトがことごとく死滅してる!!これは・・・いかんなぁ。仕方ないので、Hexagonでパイピング処理を・・・簡単だ!ここのサイトを参考にさせてもらいました。で、DAZへとインポートするわけだけど、インポートの仕方はここが参考になった。・・・髪型などは、テクスチャなしのGenesisで作成してたんだけど、さすがに下着を男性形状で作る気にはなれず、今回はBasicFemaleで適当に髪の毛などもつけてOBJ形式出力し、メタセコイアで読み込んで、それを基準にブラジャーを作成した。

・作成したブラジャーをOBJ出力し、DAZでIMPORT(倍率などは特に設定しなくてOKのようだ)
・TransferUtilityでImportした形状を服に変換

この手順を行うと、ブラジャーはどのようなモデルにもAutoFitし、モデルの変形にも追随するようになる。いろんなモデル用に異なるサイズの下着を作るのはキツ過ぎるので、このあたりがDAZを使うメリットといえる。今回は、TransferUtilityを使う際に、morphを指定していなかった事(BasicFemaleであることを知らせなければいけない)、なにげにBasicFemaleが98%になっている事に気が付かず、かなりはまった。
4
正しく変換できれば、こんな感じになる。胸が大きくなったせいで縦に伸びちゃってるけど、AutoFitも、肩紐のあたりもいい感じだ。・・・なかなかかわいいので、設定を確認。こんな感じでした。基本的な作成方法はわかったけど、下着の形状とテクスチャをどうにかしないとね。
5

髪のモーション

髪のモーション・・・どうしたものかなと思ってた。ロングヘアーを体と同じボーンで管理するというDAZのアイデアは、結構無理があるように思え・・・しかし自分でロングヘアーのボーンをコントロールするっていうのも・・・やっぱり部分的にモーフィングかなと思い、これまた先送りにしていた。しかし、ショートやセミロングならボーンでもいいんでは?最近Metasequoiaがボーン入りFBXに対応したというので、DAZで出力したFBXの髪にボーンを設置してみた。もうウェイトマップなどは完全にお任せ、ボーンを引いてミラー複製しただけ。こりゃ簡単だ!慣れれば5分作業。・・・で、Unityに読み込み、適当にDynamiBoneを入れてみた(Unity画面中、3本の白い線がDynamicBoneだ)。
m1 u1

どうだろうか?女の子は、ユーザーのカメラ移動に合わせて、IKで視線を合わせてくる。そのとき頭も動くのだけれど、それがDynamicBoneで髪のモーションに反映されるしくみだ。設定は、スクリプトを放り込んで、揺らしたいボーンを指定し、揺れ具合(画像中は0.05の部分)を指定するだけだ。これまた非常に簡単で、DynamicBone、20$の有料アセットだけど間違いなく買う価値ある。激しい動きをしたら、前髪がおでこにめり込み、ハゲが見えるだろうな・・・。カメラの動きで抑制するか、DynamicBoneに衝突判定いれるしかなかろうが、できそうな予感だ(DynamicBoneは自動で揺らすボーンに衝突判定を加えるスクリプトが付属しているのだ)。
アダルト動画:髪のモーション入れてみた
割と自然に見える。費用対効果の点では、結構満足。ショートの場合はこれで行きたいと思う。
(あ、サービスで乳も少しゆらしてみた。)
 

Unityでディスク書き込み

モーションをいろいろ組み合わせるために、ローカルディスクに有るデータを使おうと思う。
でも、Unityってあんまりローカルディスクに書き込む話聞かないですよね・・・
ここに詳しく書いてありました。

FileInfo fi; sw.Fluse(); sw.Close(); あたりが問題のようですね。ありがとう!
読み込みの方もこちらに・・・ありがとう!
なんと画像の読み込みまでしている!ありがとう!

 
using UnityEngine;
using System.Collections;
using System.IO;
using System;
public class LogSave : MonoBehaviour{
public void logSave(int num, string txt){
StreamWriter sw;
FileInfo fi;
fi = new FileInfo(Application.datapath + “FileName.csv”);
sw = fi.AppendText();
sw.WriteLine(“test output”);
sw.Fluse();
sw.Close();
}
}

放課後の保健室でイチャイチャ

定番ですよね、現実にはなかなか難しいですが。
1

保健室は、UnityAssetStoreから購入しました。クオリティがハンパなく高い!これが15$とはなんて恐ろしい世界なんだ・・・

p2

背景に夕暮れをつけると、それっぽいBGMが欲しくなる。今回はフリーの動画素材の自然音から録音させてもらった。そのとき、Moo0 ボイス録音器 があると便利。PCで再生している音声を、MP3かWAVで録音できる。乳揉みインターフェイスに組み合わせるとこうなる。放課後の保健室でイチャイチャした気分になれただろうか?(裸にはならないですよね・・・)

アダルト動画:放課後の保健室でイチャイチャ

モーフデータの保存方法

Hexagonを使ったモーフ作成は、いろいろ難儀だ。Hexagonの使い方が、やっぱりよくわからないことと、しばしば落ちることだ。作成したモーフも、DAZ上で保存する方法がよくわからない。これはDAZ上の問題か・・・

モーフを保存する方法は、ここに詳しく説明されている。ありがたやー以下抜粋

m1 m2 m3

こんな深い所に保存されるなんて・・・わかるわけ無いじゃん。
ZBrushを使ったモーフ作成も面白そう。やってみたいなぁ。

調整前→調整後

最後に作ったキャラクタ、ゆるふわ系女子を目指しているんだが、口だけ笑っていてすごく不気味だ(下記左)。
髪の毛が背面かなり手抜きだったので改造し・・・、まつ毛と顔のテクスチャ(主に眉)を改造(右)。
良くなったはずなんだけど、キャプチャ角度が違うせいかよくわからない・・・内山理名みたいな?
2クリップボード01
角度を変えてもう一枚。すると今度はなんだか、可愛い気がする。でも、後日みると「?」だったり。
かわいいってなんだろう・・・本当によくわからなくなってくる。
2