水着の作成

下着は形状が複雑で難しそうなので、とりあえず水着をつくることに。メタセコイアとHexagonをいったりきたりしながら、どうにか作成した。満足なクオリティにはまだ遠いが、進歩はしている。
b1pic
Hexagonは、Classic Bikini (Hexagon and DAZ Studio 4 Pro Video Tutorial)を購入した。今70%OFFなので、たったの5$だ。まだ少ししか見ていないが、今日はUV展開のしかたを学んだ。メタセコイアより、ずっと簡単な気がする・・・。最近メタセコイアの2chが荒れていて、いろいろな批判の中に「時代遅れで、他のソフトの進化についていけていない」というものがある。Hexagonが19$で販売されている事を考えると、まったく嘘というわけでもないなと・・・

image_large_16543 p2

広告

下着の作成

DAZでキャラクタを作成するメリットはたくさんある。衣装も豊富に販売されてるけど、使えるものは少ない。特に、女性物の下着など、本当にない。で、今後の事を考え、少し作り始めたのだけど・・・
1 2 3
メタセコイアで概形を作成し、プラグインでパイピングを・・・と思うが、プラグイン配布サイトがことごとく死滅してる!!これは・・・いかんなぁ。仕方ないので、Hexagonでパイピング処理を・・・簡単だ!ここのサイトを参考にさせてもらいました。で、DAZへとインポートするわけだけど、インポートの仕方はここが参考になった。・・・髪型などは、テクスチャなしのGenesisで作成してたんだけど、さすがに下着を男性形状で作る気にはなれず、今回はBasicFemaleで適当に髪の毛などもつけてOBJ形式出力し、メタセコイアで読み込んで、それを基準にブラジャーを作成した。

・作成したブラジャーをOBJ出力し、DAZでIMPORT(倍率などは特に設定しなくてOKのようだ)
・TransferUtilityでImportした形状を服に変換

この手順を行うと、ブラジャーはどのようなモデルにもAutoFitし、モデルの変形にも追随するようになる。いろんなモデル用に異なるサイズの下着を作るのはキツ過ぎるので、このあたりがDAZを使うメリットといえる。今回は、TransferUtilityを使う際に、morphを指定していなかった事(BasicFemaleであることを知らせなければいけない)、なにげにBasicFemaleが98%になっている事に気が付かず、かなりはまった。
4
正しく変換できれば、こんな感じになる。胸が大きくなったせいで縦に伸びちゃってるけど、AutoFitも、肩紐のあたりもいい感じだ。・・・なかなかかわいいので、設定を確認。こんな感じでした。基本的な作成方法はわかったけど、下着の形状とテクスチャをどうにかしないとね。
5

モーフデータの保存方法

Hexagonを使ったモーフ作成は、いろいろ難儀だ。Hexagonの使い方が、やっぱりよくわからないことと、しばしば落ちることだ。作成したモーフも、DAZ上で保存する方法がよくわからない。これはDAZ上の問題か・・・

モーフを保存する方法は、ここに詳しく説明されている。ありがたやー以下抜粋

m1 m2 m3

こんな深い所に保存されるなんて・・・わかるわけ無いじゃん。
ZBrushを使ったモーフ作成も面白そう。やってみたいなぁ。