下着の作成

DAZでキャラクタを作成するメリットはたくさんある。衣装も豊富に販売されてるけど、使えるものは少ない。特に、女性物の下着など、本当にない。で、今後の事を考え、少し作り始めたのだけど・・・
1 2 3
メタセコイアで概形を作成し、プラグインでパイピングを・・・と思うが、プラグイン配布サイトがことごとく死滅してる!!これは・・・いかんなぁ。仕方ないので、Hexagonでパイピング処理を・・・簡単だ!ここのサイトを参考にさせてもらいました。で、DAZへとインポートするわけだけど、インポートの仕方はここが参考になった。・・・髪型などは、テクスチャなしのGenesisで作成してたんだけど、さすがに下着を男性形状で作る気にはなれず、今回はBasicFemaleで適当に髪の毛などもつけてOBJ形式出力し、メタセコイアで読み込んで、それを基準にブラジャーを作成した。

・作成したブラジャーをOBJ出力し、DAZでIMPORT(倍率などは特に設定しなくてOKのようだ)
・TransferUtilityでImportした形状を服に変換

この手順を行うと、ブラジャーはどのようなモデルにもAutoFitし、モデルの変形にも追随するようになる。いろんなモデル用に異なるサイズの下着を作るのはキツ過ぎるので、このあたりがDAZを使うメリットといえる。今回は、TransferUtilityを使う際に、morphを指定していなかった事(BasicFemaleであることを知らせなければいけない)、なにげにBasicFemaleが98%になっている事に気が付かず、かなりはまった。
4
正しく変換できれば、こんな感じになる。胸が大きくなったせいで縦に伸びちゃってるけど、AutoFitも、肩紐のあたりもいい感じだ。・・・なかなかかわいいので、設定を確認。こんな感じでした。基本的な作成方法はわかったけど、下着の形状とテクスチャをどうにかしないとね。
5

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中