表情モーフの作成

hex

DAZで作成したキャラクタは、ボディのディテールが高いので、それだけでもかなりエロい。がしかし、表情が乏しいのが問題だ。モーフは同系列のHexagonで作成するのが良いらしい。使ってみてわかったことは・・・

1.テクスチャなしの方が動作が軽くエラーが少ない
2.モーフ作成に必要なツールは少ない
・ディスプレイスメントブラシ(頂点数を維持したまま、面を押したり引いたりする)
通常は出っ張る、SHIFTを押しながらだと凹む。
・ソフト・ツール(頂点数を維持したまま、凸凹をとっていく)
どちらも、Ctrl+Shiftで、影響範囲の広さを拡大縮小できる。
・変形マニュピレータ(ショートカットはT)
面(F2)、エッジ(F3)、点(F4)で選択モードを切り替えられる。
プロパティのソフト選択で、影響範囲を調整できる。ソフト選択は基本ONでしょう。
対象の形状変更をする場合がほとんどだと思うので、対象Xのチェックをお忘れなく。

komaru bigsmile

何かと便利な困り顔、より強めの口開け笑い顔。うーん、笑い顔のクオリティがまだ・・・

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中